コープこうべの平和・国際活動

生活協同組合コープこうべ

ピースアクション 平和をテーマに、地域とつながる 第1地区

  • 大阪北地区
  • 第1地区
  • 第2地区
  • 第3地区
  • 第4地区
  • 第5地区
  • 第6地区

改めて「へいわ」について考える

「平和のつどい~未来(あす)への誓い~」

(1月11日 コープめふ 2階)

命の大切さや平和の尊さを見つめ直す「平和のつどい」に140人を超える組合員が参加しました。

ボランティアサークル「オリーブ」によるヘルマンハープの演奏後、「コープこうべ平和へのちかい」が朗読されました。「高年と若者の主張」では、戦時中の体験や震災復興など、さまざまな視点で「へいわ」に対する思いを、小学生から80代までの組合員、職員が熱く語りました。後半のミニコンサートでは、コープサークル「キッズ&ママコーラス」の力強い歌声に会場は大きな拍手に包まれました。幼い子どもを持つ参加者は「平和の有り難さや、支え合う大切さを実感しました」と話していました。

小学5年生の山田さんは「平和とは大切な人と笑って暮らせること」と語りました

ピースアクションとは

被爆・戦争体験の継承や、ユニセフを通じた国際協力などを目標として、さまざまな地域・年代の人が参加できる平和の取り組み「ピースアクション」が、7月から8月にかけて行われます。各地区での「平和のつどい」をはじめ、主な平和の催事の内容を報告します。