コープこうべの平和・国際活動

生活協同組合コープこうべ

神戸ラブラン チャリティ・ウォーク 世界の”いま”に目を向ける

報告

2009年度 神戸ラブランチャリティウォーク開催

「やさいを1日350g以上とりましょう」と「やさい350gのマーチ」を披露した第1地区食育ボランティア「やさいてんこもり」
「やさいを1日350g以上とりましょう」と「やさい350gのマーチ」を披露した第1地区食育ボランティア「やさいてんこもり」


2月14日(日)、日本ユニセフ協会兵庫県支部後援のチャリティ・マラソン「神戸バレンタインラブラン」と同時開催で「ユニセフチャリティウォーク」が行われ、コープこうべ・大阪北生協が特別協賛しました。 マラソンでは日本ユニセフ協会兵庫県支部の山岸ひろ子評議員(コープこうべ理事)がスターターを務めました。
「花」の曲に合わせて、リズム体操を披露する神陵台コープサークル「健康体操」
「花」の曲に合わせて、リズム体操を披露する神陵台コープサークル「健康体操」


ゴール地点では、日本ユニセフ協会兵庫県支部ボランティアが募金活動やグッズ頒布を行ったほか、コープこうべ第1地区食育ボランティア「やさいてんこもり」、コープサークル「健康体操」(コープ神陵台)、コープサークル「グリーングラス(草笛の会)」(コープ活動サポートセンター姫路)がステージ出演。コープこうべの組合員活動をアピールする機会となりました。
「葉っぱ1枚でどこででも演奏できるのが魅力」と草笛を演奏するコープサークル「グリーングラス」(草笛の会)
「葉っぱ1枚でどこででも演奏できるのが魅力」と草笛を演奏するコープサークル「グリーングラス」(草笛の会)


チャリティウォークには、約800人が参加。ゴールでは総額で約66,000円のユニセフ募金が寄せられました。