コープこうべの平和・国際活動

生活協同組合コープこうべ

活動と募金の流れ 実のある平和活動を目指して

コープこうべでは『平和へのちかい』をもとに、スローガンだけでなく実のある平和活動に取り組んでいます。くらしの安全・安心や、心の豊かさなどをめざす生協にとって、平和こそすべての基盤、活動の土台。くらしの中での一人ひとりの平和への思いが、私たちの地域で成熟し、世界へ、そして未来へ、大きく共鳴していくことを願って…。地道に根強く継続的に、くらしの視点で『平和の取り組み』を続けていきます。

募金が支えるコープこうべの平和の取り組み

平和のカンパ 平和のカンパ寄贈の旅 虹っ子平和スタディツアー ピースアクション 平和企画の会ってなに?

平和のカンパ使途

ユニセフ募金

募金の流れ

寄せられた募金は日本ユニセフ協会兵庫県支部、〈財〉日本ユニセフ協会を通じてニューヨークにあるユニセフ本部に送られます。その後は、ユニセフの通常予算の中に組み込まれ、

① その国の5歳未満の死亡率
② 一人あたりの国民総所得(GNI)
③ 子どもの人口
   の3つの基準に基づく公式に従って、ユニセフが支援協力をする
   現在150以上の国と地域に配分されています。

その他の募金活動

ハート基金(コープこうべ災害緊急支援基金)

台風や地震など国内外の自然災害発生時、必要な支援を、迅速に行うために設置した任意の基金。組合員の代表による「基金運営委員会」が運営します。

ともしびボランティア募金

阪神・淡路大震災をきっかけに広がったボランティア活動を、定着させ継続的支援を行うことを目的に設立されました。ボランティアやコーディネーターの人材育成や活動助成、講座開講などの支援を行っています。